パソコンのことについて色々書いてみました。

TOPページ

IBM   MAC   VAIO   dynabook  



TOPページ  >  MAC

パソコン MAC

Appleについて

一般的にMACマック)と呼ばれているパソコンのMacintoshマッキントッシュ)は、
Apple社が開発・生産・販売を行っている製品です。

Apple Inc.(アップル インク)は、パソコンや音楽プレーヤーなどのデジタル家電製品と、ソフトウェア製品の開発などを行う多国籍企業です。
(2007年1月に改称。それまでは「アップル・コンピュータ」という社名でした。)

携帯音楽プレーヤーのPodシリーズや、その携帯電話版のiPhoneなどの製品が人気となって久しいところではないでしょうか。


また、音楽・映画産業向けのプロ用ツールの開発元でもあります。

そんなアップル社の主力商品に据えているパソコンがMACです。

MACについて

かつては、アメリカ国内においては教育分野に強いものでしたが、Mac OS XというOSへの移行をしていく際に、そのカスタマイズ性・ソフト移植の容易さ・強力な開発環境の提供(無償での提供とのこと)、革新的ともいわれた、完成度の高いGUI(グラフィックを用いた、ユーザビリティの高いユーザーインターフェース)などによって、理学・工学分野でもMacintoshの採用例が増えているとの事です。

また、Mac OSの、OSとしてのコア部分である”Darwin”は、アップル社によって完全に公開されていることもあって、
UNIXユーザに好まれる場合ことも多くなっています。

その名前の由来となったのは、当時のアップルの開発者が、自分のすきなリンゴの種類の名称からヒントを得た「Macintosh」という製品のアイデアを、当時のアップルの会長に持ち込んだのが始まりとされています。

シェアの問題で言うと、現在のパソコン市場において、Windows機の圧倒的なシェアの影に隠れるような感じで、アップル社対・Windowsを採用する無数のパソコンメーカーで比べた場合は、やはりシェアの少なさは目立つものがあります。
ただし、Macはもともと基本性能が高いことから、旧機種をそのまま使用しているユーザーが多いとされているために、実際のユーザー数は、販売シェアから読み取るよりも、多数のユーザーによって稼動しているとみられています。
一時期、他メーカーの製造による互換機路線を歩んだこともありますが、(日本でも一部家電メーカーが製造したことアリ。)その時期以外においては、そのほとんどはアップル社一社の手によって製造されたもので、
現在に至るまで、無数のWindows製造メーカー対アップル社という図式で、パソコン市場でお互い競争してきた経緯などがあります。

なお、Mac OS XはUNIXベースのOSとして、UNIXユーザーにも注目を集めており、OS XのV10.5からは、正式なUNIXと認められています。

Adobe社の”Photoshop” などに代表される、表現を伴う作業・分野に強いという特徴があるのは上記でも書きましたが、
そのような分野でのMacの普及率は高く、基本性能の高さが評価されている反面、設備投資にかかるコスト・または業績の悪化などの理由で、OSの移行が進まないケースも相次いでおり、
現行のMac OS Xではなく、旧来のMac OS 9などのバージョンを使い続けざるを得ない企業などが少なくありません。
また、導入の際には、その環境に適応した技術を持つ人材の確保も必要ため、その点で移行が進まない理由の一つに入ります。

なお、ちょっと前に「Intel Mac」が、テレビでも話題になりました。
これは、Windows機を生産するパソコンメーカーにCPUを供給するインテル社製のCPUをマッキントッシュに搭載するものとして脚光を浴びましたが、それにはいくつか理由があります。

そもそもMACは、コンピュータ業界の雄・IBMと、通信機器で知られるモトローラ社とアップル社で共同開発された「Power PC」がベースとなっていることが挙げられます。
つまり、Windows機とは、全く違うハードウェアであることが示唆されていたわけですが、
今後はWindows機側にいたインテル社からのCPUの供給を受けることにより、Virtual PCの動作が軽快になるなどの、インテル製ならではのメリットを生かしていくとのこと。

なお、アメリカでは、とある大学が、1,100台のPower Macを接続することによってスーパーコンピュータ化(スパコン化)させました、これは、当時でも世界第三位の計算速度を誇る性能だったそうです。
なお、その価格は、当時世界最高のスパコン(地球シュミレータ)の、5億ドル以上とも言われる開発費の半分以下である約520万ドルで実現できたとのことです。

それでは、もう一つのMACの特徴であるワンボタンマウスに注目していきましょう。
このワンボタンマウスは、MAC独特のインターフェースとして、パソコンの中でも独特な特徴として知られています。

このインターフェースの採用によってもたらされた特徴は、Macが発売される以前のパソコン(コンピュータ)を操作する方法として一般的であった、コマンド入力による操作(Windowsでも”MS-DOS”としての操作が現在のXPでも可能。)から、ユーザーの苦痛を解放できたという、革新的な部分が挙げられます。「迷うことなく単純」という明快な操作方法は、マウスさえ使うことができれば、複雑なこともできるようになるという、アップル社の主張も含まれています。

このワンボタンマウス式の操作方法は、元々コマンドによる操作方法についていけない人のための技術でありますが、Windows機・及びIBM機における2ボタンマウスに対応させるために、Macにもコンテクストメニューが採用されています。
これは、Windows機における右クリックに対応させるためのもので、
キーボード上の「Control」(コントロール)キーを押しながら、マウスボタンを押すという動作が必要になります。OS X以降のアプリケーションでは、一部ボタンの長押しのみで対応するものがあり、ワンボタンで、Windows機同様の操作環境を手に入れることができました。

このワンボタンマウスの生み出す環境は、使い勝手の良さを演出することができるという特徴があります。
OS Xの独特なOSの操作環境との相乗効果によって、使い勝手の良い環境を生み出すこの仕組みは、様々な操作環境の容易化・操作の単純化・メニューの整理効果などの、様々な効果を生み出しています。
現在、マウスも2ボタンだけでなく、様々なボタンが付くようになり、操作の複雑性が増してきていますが、Macのワンボタンマウスは、一貫したMacの操作性を統一させており、操作性の複雑化に、一定の歯止め効果があるともされていますl。

»IBM - Japan

『パソコン マック』 最新ツイート

@yu_ko_0405

@shirokuma_aim よくパソコン広げたりしてるし 何でかマックって そゆ人多いですよね💦

2時間前 - 2017年11月18日


@anikitukaibot

ぎゅうたば「マックってパソコンのことだろ?」

2時間前 - 2017年11月18日


@Blogyoudesudesu

Mac(マック) マッキントッシュ(通称マック)は、Apple社によるOSです。 画面をマウスで操作するスタイル(現在のパソコンでは当たり前となっていますが)を初めて世に出したのがマックです 画像処理関係のソフトが多く揃っているため現在でも印刷やグラフィックの分野で使われています

3時間前 - 2017年11月18日


pickup

島原にある弁護士
http://mc-law-shimabara.com/

2014/12/10 更新